aga治療に関するおすすめ情報

テレビCMでも耳にする「aga」とは「男性型脱毛症」のことで進行性の薄毛を意味します。その原因は人それぞれ違いますが、悩みは共通しています。成人男性の約3人に1人の割合でaga治療に興味があると答えているアンケート結果もあります。

aga治療には本当に効果があるのか、費用はどのくらいかかるのか、といった気になるポイントをまとめてみます。


agaの原因

agaの特徴は生え際や頭頂部から髪が薄くなっていくことです。原因として考えられているのが「頭皮近くで男性ホルモンが悪玉ホルモンに変わってしまう」ことです。テストステロンという男性ホルモンは分泌された当初は問題がなくても、血液によって毛根近くまで運ばれてきたときにジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンに変わってしまう場合があります。

この悪玉ホルモンが、正常であれば数年かかる髪の毛のサイクルを極端に短くしてしまうことによりagaが発症してしまうと考えられています。正常な髪の毛のサイクルとは、毛髪を生成する細胞が盛んに活動し、毛髪が太く長く成長している「成長期」と細胞の活動が鈍くなる「退行期」、細胞が活動を止め毛髪が抜け落ちる「休止期」の三段階を繰り返すことです。

通常成長期は二年から六年ほどありますから、一本の毛髪はその年月は頭皮にあって成長し続けるのですが、agaではこの期間が極端に短くなるので抜け毛が増え、発毛が遅れ、薄毛が目立つということになります。無害な男性ホルモンが有害な悪玉ホルモンに変わってしまう原因として考えられているのが遺伝です。

巷でも「薄毛は遺伝する」といわれていますが、確かにこうしてみると科学的にも根拠があります。ということは治療の方向としては「いかに悪玉ホルモンを生成させないか」ということが大切になってきます。遺伝が主な原因ですから、よくいわれるような「生活習慣を改善する」とか「食事に気をつける」「飲酒や喫煙を控える」などといった対策法は、全く効果がないということもありませんが、かといって劇的な改善を期待することもできないということになります。

agaの治療法とその費用相場

内服薬を使った投薬治療が一般的な治療法になります。男性ホルモンを悪玉ホルモンに変えてしまう酵素を薬効で抑え、これにより髪の毛の生え変わるサイクルを正常な状態に近づけていくことに加え、髪の毛そのものを太く力のあるものに変えていく薬も合わせて投与していきます。

ただし治療は早い段階で始めれば始めるほど効果が現れやすく、時間が経ってしまうと薬に対する反応が鈍くなってしまいます。これはガンの治療などのように罹患初期なら治りやすいが、症状が重くなってからでは治療に時間がかかってしまうのと同じです。

時間がかかるとその分治療費もかさみますから、早めの治療が大切です。ただしどんな薬にも当てはまるように、aga治療に使用される薬にも副作用があります。わずか数%程度の発症率ですが、かゆみや発疹などが確認される場合があります。

また男性ホルモンに働きかけるので性欲減退や勃起不全、精液量減少なども報告されています。安価に済ませるためにaga治療に使われる薬を個人輸入で手に入れる人もいますが、稀なケースとはいえ副作用の心配がある以上、きちんと医師の指導のもとに服薬する方が安心です。

実際、多くのaga治療を行なっているクリニックでも概ね30日分程度の薬を出してくれますが、その薬を飲みきる前に再診に来るように勧めています。薬の効果を確認するとともに副作用の弊害がないかも細かく診るためです。

気になる治療費ですが、保険適用外なのでそれなりに高額な費用がかかります。内服薬なら1ヶ月あたり一万円から二万円弱かかります。また毛根に直接薬を注入する治療法では一回で二万円ほどかかります。クリニックによってはそれに加えて診察料等がかかってくる場合もあります。

aga治療に保険証は使える?agaの素朴な疑問を解決

継続的な治療が必要

途中で治療をやめてしまうと、せっかく改善しつつある状況が元に戻ってしまう可能性があるので、自分だけの判断で治療を中断してしまうことはお勧めできません。投薬によりホルモンのコントロールを行い、髪の毛の正常なサイクルを取り戻したら治療を止めることも可能です。

その後は生活習慣を見直して、その良い状態を維持するための継続的な努力が必要です。いつまで薬を服用するのか(治療を続けるのか)を医師と相談しつつ適切に判断します。一般的には半年から一年ほどは治療期間が必要とされています。

agaをセルフチェックする

以下の項目を確認してagaの可能性をセルフチェックします。

1、母親の家系に薄毛の人がいるか

2、父親の家系に薄毛の人がいるか

3、自身の兄弟に薄毛の人がいるか

4、洗髪時に抜け毛が多いか

5、枕に抜け毛が多いかやはり薄毛の原因には遺伝が大きく関わっているとされているので家系を確認することが第一ですが、最も遺伝的に影響を受けやすいのは母方の家系です。特に母方の祖父が薄毛である場合は50%の確率でその薄毛を引き継ぐといわれています。

ですから今現在は薄毛で悩んでいなくても、母方の祖父が薄毛である場合、将来自分も同じように薄毛になる可能性が高いと考え、予防治療などを検討することもおすすめです。予防治療なら費用も数千円程度と手軽に始めることができます。

aga治療におすすめのクリニック

aga治療を専門に扱うクリニックも増えてきました。これまでは費用が不透明なこともあり、通院には心理的なハードルがありましたが、格安料金で治療を行なっているクリニックもありますし、aga治療の料金表を公開しているクリニックもあります。

テレビCMもやっているような大手クリニックもaga治療に参画し始めていますから、気になる方は無料相談から始めてみることをおすすめします。1、AGAスキンクリニック22時までの深夜診療を実施してくれているので、仕事帰りにも診察してもらえます。

また通院できない人のためにパソコンを使用したオンライン診療も用意してくれています。

北海道から沖縄まで全国展開している大手クリニックです。2、銀座クリニック木の人形のテレビCMでおなじみのクリニックです。診察前に入念なカウンセリングを行ってくれます。気になる部位やこれまでの経過、家系的な傾向など細かく確認してくれ、治療の必要があると認めた場合は治療方法や治療に要する期間、費用や効果なども事前にしっかりと詳細を説明してくれます。

3、湘南美容クリニック無料カウンセリングから始められます。aga治療薬が初回限定1800円と破格な安さが魅力のクリニックです。無料カウンセリングとはいえ、処方される薬の効能や副作用、治療全体にかかる費用などもしっかりと説明してくれます。

4、名古屋中央クリニック毛髪再生療法を行っているクリニックです。限られた医療機関でしか受けられないHARG療法を行っています。発毛率は98%と非常に高いうえ、約3カ月で効果が実感できると謳っています。毛髪に関して徹底的に学んでいる医師が対応してくれますので、安心です。

LINEなどで気軽に問い合わせが出来るのも嬉しいサービスです。

aga治療の月々にかかる治療費

参考(薄毛 治療 名古屋)